万能なのはどっち?

ビデオボックスもネカフェも、さまざまな用途に利用することができますので、通っているという方も多いのではないでしょうか? ちょっとした空き時間を潰すのにもぴったりですし、終電を逃してしまった時にゆっくりと始発を待つための時間つぶしにも使えます。もちろん、カプセルホテルなどの代わりにがっつりと眠ることだってできるようになっています。

もちろん、ビデオボックスとネカフェのそれぞれで、こういった利用の仕方ができます。ですが、もともとの目的はどちらとも宿泊や時間つぶしではありません。 ネカフェの場合はネットサーフィンやネットゲームを楽しんだり、マンガを読んだりすることがメインの目的です。ビデオボックスは、AVを中心としたさまざまなビデオを個室で楽しむことがメインの目的となっています。

しかし、自由度が高い事からそれぞれさまざまな形で利用されるようになっているのです。

このように、いろんな使い方ができることで人気を集めているビデオボックスですが、万能性という点で見ればどちらの方が優れているのでしょうか? ここでは、あらゆる角度から比較してみたいと思います。

万能性が高いのはやっぱりビデオボックス?それともネカフェ?

まず、とにかく静かな場所で時間を過ごしたい…そんな時に便利なのはやはりビデオボックスです。ネカフェの場合は完全な個室でなく、ブース式になっているケースが多いですので、やはり静かとは言えません。人によっては周囲の音が気になってしまうでしょう。 筆者もたまにネカフェを利用することがありますが、となりのカップルシートから聞こえてくる話し声や、寝ている人のいびきなどでイライラしてしまったことがあります。これは、同じような用途で使われることの多いカプセルホテルでも同様です。中途半端に静かな分だけ、ちょっとした音が気になってしまうことがあるのです。

それに対して、ビデオボックスは防音性の高い個室が採用されているところが大半ですので、基本的に外の音が漏れてくるようなことはありません。 なので、ほとんどストレスを感じることなく、リラックスタイムを過ごすことができます。

また、外からの音が聴こえないということは、こちらの音も外に漏れることがないということです。なので、エッチなビデオを見ながらオナニーをするにしても、あまり周囲のことを気にする必要はありません。ネカフェではなかなかこうはいきませんので、エッチなビデオなどを見ることを前提に考えている方は、やはりビデオボックスをチョイスすべきでしょう。

完全にプライベートな空間で、エッチなビデオを見て、オナニーをしてねる…こんな用途で利用できるのはやはりビデオボックスだけです。 最近ではイメージがあまり良くないせいなのか、ネカフェの方が店舗が多くなってきていますが、男性としてはまだまだビデオボックスにがんばって欲しいものです。そんな願いを込めて、万能性の勝負についてはビデオボックスの方が上…ということにしておきましょう。

ビデオボックスにも、ネカフェにもそれぞれ良いところがあります。あなたも一度両方を利用してみませんか?その上で、あなたにとって本当に便利なのはどちらなのかを考えてみてください。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.