,

ビデオボックスの楽しみ方は人それぞれ

ビデオボックスの楽しみ方は人それぞれ。しかし、はじめての方には少し戸惑いがあるかも知れません。そこで、現役ビデオボックス店員のYさんから、試写室の楽しみ方について伺ってきました。

現役店員Yさんが見た試写室に来る人々

「試写室というのは、自宅では自由にオナニーを楽しめない場合や、試写室だからこそできる楽しみ方をしたい場合に利用するものです。そのため、とことんこだわって利用することをお客様にはおすすめしたいですね。

例えば、とある常連さんはオナホールを毎回購入されるんですが、必ず違う種類のものを購入されます。おそらく自分に一番合うものを選んでいらっしゃるんでしょう。もしくは、毎回違った快感を得るためかもしれません。こうした楽しみ方ができるのは、試写室ならでは。自宅だと、ゴミ箱がオナホールだらけになってしまいますもんね。

また、別のお客さんはさまざまなジャンルのDVDをお部屋に持ち込みされています。女優ものからSMもの、若い子から熟女までさまざまなものを選んでいらっしゃいますね。これも僕の予想ではありますが、おそらく自分の性癖について研究をされているのでしょう。レンタルDVDの場合、一枚ごとにお金がかかってしまいますが、試写室は時間制なので、何枚でも試し見できますから。とても賢い使い方だと思います」

Yさんオススメの試写室利用法

「僕のオススメの利用方法はやはりグッズとの併用ですね。一人暮らしでもない限り、自宅では思いっきり楽しめませんから。今は本当にたくさんのグッズがカウンターで購入できますから、いろいろと吟味して選ぶのが良いと思います。

また、バイアグラといったED治療薬との組み合わせもおすすめです。やはりせっかく試写室に来たのなら、時間内にできるだけ快感を得たいですよね?ですがやはりそう何回も射精するというのは難しいんです。

そこで、まずは来店の直前にバイアグラを飲みます。そしてその後30分ほどかけてDVDを選び入室。着いたらすぐに一本目のDVDでフィニッシュをします。だいたい選んでいる時点で下半身がむずむずしているはずですから、初

回の発射はすぐにできるでしょう。 その後企画ものなどをじっくりと鑑賞し、下半身の元気が復活するのを待ちます。薬の効果もあって、驚く程早く元通りになると思いますよ。あとはそれを時間内で繰り返すだけ。せっかくの試写室ですから、コストを気にせずにとことん楽しむことをオススメします。

ちなみに、さすがにED治療薬は店内販売を行っていないので、専門のクリニックで処方してもらってください。購入自体は誰でも手軽にできるものなので、まずは気軽に訪問されるのが良いと思います」

試写室を楽しむならこだわりと準備が大切、というわけですね。現役ビデオボックス店員のYさんのお話でした。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.