初めての個室ビデオボックス

個室ビデオボックスの利用者の声です。初めてビデオボックスを利用したOさんの体験談。Oさんは東京都で働くサラリーマン、以前からビデオボックスに興味があったもののなかなか足を踏み入れる機会に恵まれませんでした。出張をきっかけに初めて利用してみたそうです。


出張の際の自分へのご褒美

前々から個室ビデオに入ってみたかったのですが、踏ん切りがつきませんでした。一人暮らしなので、マスターベーションをする場所には困っていません。成人向けのお店に入るところを他人に見られるのも恥ずかしかったという思いもあり、使うきっかけがつかめないままでいました。

しかし、今回出張を命じられ、その上余暇の時間がかなりあることが判明。せっかくなので自分へ褒美としてビデオボックスを体験してみることにしました。

初めてのビデオボックス

ビデオボックスの第一印象は「漫喫やネットカフェとあまり変わらないな」でした。とりえず入店をして手続き。受付を通さないとDVDを借りたり、返したり出来ないということでした。このシステムは漫画喫茶には無いものですね。今回は2時間で900円のコースを選びました。相場は分かりませんが、これくらいならば懐も痛みません。

さっそく、最初に借りてきたDVDを視聴。なんだか気恥ずかしくて適当に選んだので、いまいちピンと来るものはありませんでした。一通り流し見した後に、ビデオを交換してもらうことに。このあたりになると、羞恥心も薄まってきたので、じっくりと気に入るものを探せるようになっていました。

初体験を終えて

終わってみるとあっという間の2時間でした。良い作品が見つかってからは、時がすぎるのを感じなかったくらいです。システムも簡単でしたし、料金も安い。なぜ今まで恥ずかしがっていたのだろうか、と思ってしまうほどでした。お店の中も思っていたより清潔で、あまり厭らしい感じもありません。今度は自宅の近くのビデオボックスに挑戦してみたいと思います。

初めての体験ということでしたが、Oさんはビデオボックスに満足しています。個室ビデオは手軽な娯楽です。アダルトコンテンツを扱っていることから、あまりいい印象を抱かない人が多いようです。しかし、一度実際に体験してみれば、それが偏見だということが理解できるでしょう。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.