ホテルVS個室ビデオボックス

カチンコ ホテルは優秀な施設です。独りきりになるのにはもってこいでしょう。大抵は、室内テレビでアダルトビデオの鑑賞が可能です。サラリーマンの中には出張などで利用する機会も多いため、隠れた愛好家も多く存在しているでしょう。ホテルと個室ビデオボックスを比較した場合、どちらに軍配が上がるのか。それぞれの良いところを検討してみましょう。


性も充実、大人のホテル利用法

宿泊施設に共通した利点は、プライベート空間がきちんと保たれるということです。一人に一つ、ある程度の大きさの個室が与えられます。足をのばして横になれるのもポイントです。

最近は、アダルトオンデマンド放送が盛んになってきました。プリペイドカードで料金を支払うと、成人向けのコンテンツが閲覧できるというものです。テレビに表示されるメニューの中から好きな作品を選択するという方式を採っています。いちいちDVDを入れ替えずに済むのが最大のメリットだと言えるでしょう。

ホテルは万能選手

宅配型の風俗店を使用できるのもホテルの利点です。ビデオボックスは性質上、他人を個室に招待することは難しくなっています。しかし、ホテルであれば人を呼び込んでも問題ありません。個別のシャワールームやベッドも用意されているため、性行為をするのにも適しています。

自由に利用できる「部屋」なのか、ビデオを見るための「個室」なのか。これが二者の大きな違いです。

特化型のビデオ鑑賞店

しかし、ホテル館内放送では、配信できる内容がどうしても画一化してしまいがちです。ビデオボックスの強みは、コンテンツの豊富さにあります。膨大な映像の中から自分の好きなものだけをチョイスすることが可能です。

DVDの視聴に特化しているため、料金も安く抑えることができます。店内で販売されているジョークグッズは、充実したオナニーをサポートしてくれるでしょう。

ホテルは宿泊するための施設です。自由にリラックスするのには、他の追随を許さないでしょう。個室ビデオボックスは手軽に、沢山のコンテンツを楽しむことができると言う点では一歩リードしています。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.