趣味嗜好なんでもござれ!企画ものがきっと満足されてくれます

ビデオボックスで人気なのが「企画もの」と呼ばれるジャンルのアダルトビデオです。しかし、企画ものの中には数多くの子ジャンルが存在しているので、一概にこれがおすすめ!といったことは言えません。素晴らしい作品との出会いは、数を見ることから。手軽にたくさんのDVDが見られるビデオボックスは、最適の環境です。

一つのジャンルに特化!企画ものの魅力とは?

企画ものを簡単に説明すると、それぞれの嗜好に合わせたジャンルに特化した作品と言えます。例えば、女優ものの作品であればひとつの作品の中に「コスプレ」や「ぶっかけ」などが混在しているケースが多いですが、企画ものはひとつのジャンルに特化して制作されていることが多いのが特徴です。

しかし、「企画もの」といっても、その中のジャンルは非常に細分化されているため、明言をするのは難しいものです。また、近年では組み合わせ(「貧乳」+「制服」や「レースクィーン」+「オナニー」など)によるジャンルの広がりもあります。

ただし、最近では「熟女もの」や「SM」といったものは企画ものとしては扱われず、それだけで1ジャンルとして成立しており、ビデオボックスでは区別して陳列される場合が多いです。

企画ものの楽しみ方

ビデオボックスにおいての企画ものの楽しみ方は、ハズレだと思ったらすぐに交換することです。さらに、最初に5~7本程度選ぶことができますので、その際にいろいろなジャンルのものを選んでおくと良いでしょう。

実際、女優ものと違い企画ものは当たりハズレが大きいと言えます。出演している女の子のレベルもそうですが、それ以上に作品の作り込みが大切です。「素人ナンパ」と謳っているのに、リアリティーのない演出では気持ちが冷めてしまうでしょう。一時期大流行したマジックミラー号でも、シチュエーションによってはあまり興奮できないものもあります。

当たりを引くには、とにかく数を見るしか方法がありません。パッケージの裏だけでは、作品の良さを判断するのは難しいと言えます。経験を積めば、メーカーや企画内容から段々と良質なものを選べるスキルが身についてきます。

企画ものを見続けていくと、次第に自分の性癖というものが分かってきます。こうなれば、あとはそのジャンルを見続けるだけできっと満足ができるようになるでしょう。女優ものと違い、企画ものは非常に作品数が多いのが魅力です。飽きるまで見続け、食傷気味になったら次のジャンルに手を出す、といったサイクルが出来れば、よりビデオボックスを楽しめるようになるでしょう。

さまざまな趣味嗜好を満たしてくれる企画もの。あなたにベストマッチなジャンルを開拓すれば、より楽しいビデオボックスライフが待っています。


Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.