レンタルビデオショップVS個室ビデオボックス

個室ビデオを利用したことはなくとも、レンタルビデオショップを利用したことがある人は多いのではないでしょうか。見逃したドラマや映画を観たい時には、DVDを借りてくるしかありません。どちらも映像コンテンツの貸し出し業務を行っていますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。


品ぞろえの違い

二つのお店で大きく異なっている点は、貸し出している作品のラインナップでしょう。ビデオボックスの主力商品はアダルトビデオです。たしかに、多くの店舗では成人向けではないものも取り揃えています。しかし全体と比較すると少数です。

一方、レンタルビデオは一般向けの比率が高くなっています。子ども向けから、大人向けまで幅広い年齢層が楽しめるように配慮されているのが特徴です。一部、年齢制限コーナーが設置されていることもありますが、規模はあまり大きくありません。また、成人向け専門ショップもありますが、店舗数が少ないです。

お目当てのものがあるのならば、レンタルがお得

もうひとつの違いは、料金制度です。個室ビデオショップの場合は、漫画喫茶などと同じように時間単位の支払いになります。滞在時間が長いほどに値段が高くなりますが、鑑賞するDVD数には制限がありません。

レンタルビデオショップは借りる作品の数によって値段が変わります。決められた期限以内に返却できないと延滞料がかかってしまいますが、基本的には一本当たりで値段が決められています。

もし、観たい作品がはっきりしているのならば、レンタルがお得です。本数を少なくすれば、それだけ料金が安くなります。

時間の使い方で考える

個室ビデオの利点は、数時間空いた時間で手軽に入店ができるということです。しかし、裏を返せばまとまった時間が無ければ利用できないということでもあります。その点、ビデオをレンタルして自宅で見る場合は、どれだけ短い余暇でも問題ありません。就寝前の30分を鑑賞にあて、少しずつ観るという方法もとれます。

個室ビデオボックスにもレンタルビデオショップにも、それぞれ異なる魅力があります。アダルトコンテンツを観たい時、一般コンテンツを観たい時で選び分けるのも良いでしょう。また、取り扱っているDVDの傾向だけでなく、ライフスタイルによっても選択することができます。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.