北の大地・札幌のおすすめ個室ビデオボックス

北の最大の歓楽街、すすきの。風俗店等が充実したこの地ですが、実は個室ビデオボックスの数は少なめ。出張で訪れた時のリフレッシュ方法としては、やはり手軽なピンサロなどがメインになるかもしれません。とは言え、お財布事情や性病が気になるサラリーマンの方も多いでしょう。そこでここでは、少ないながらもいくつかある札幌の個室ビデオボックスの情報をお伝えします。

札幌最大のビデオボックス「ワンマンシアター」

札幌の個室ビデオボックスと言えばこちら、ワンマンシアターです。札幌駅の高架下にある「高架下東1丁目店」は、道内最大の品揃え誇る店舗。24時間営業を行っており、店内では試写以外にも、成人向けの本やアダルトグッズなどが販売されています。

料金はかなりリーズナブル。3時間パックで1000円という価格設定は非常に嬉しいですね。また、60分から利用可能なので、ちょっと時間が空いた時にリフレッシュ、という用途にもピッタリです。なお、ナイトパックは最大10時間で2000円から。こちらも、都内の店舗に比べて非常にお得です。

ちなみに、中心部からはそれますが「宮の沢店」という店舗もあり。出張の際、時間に余裕がある方は、こちらに足を運んでみてもいいかもしれません。

大手「金太郎・花太朗」も出店中

札幌には、都内でもよく見かける個室ビデオボックスチェーン「金太郎・花太朗」が展開されています。都心部からもっとも近いのは花太朗「札幌北41条店」。JR新琴似駅から車で15分という立地にあるため、気軽にはいけないかもしれませんが、タイミングが合えばぜひ訪れてみてください。

なお、料金は都内と特に変わらず、120分コースで1050円、5時間パックで2100円です。もっともお得なナイトパックは22時から受け付け開始で最大翌10時まで。これで2650円ですから、非常にリーズナブルですね。

設備もかなり充実しています。リクライニング、カウチソファ、フラットマット席が用意されており、室内は完全防音。周りを気にせず、DVDを楽しめます。シャワー室も完備さえており、その他のアメニティも購入可能。さらに、衣類販売もされているので、ほとんどホテルのような感覚で利用できます。

その他、札幌手稲店や北広島インター店も展開されています。このふたつは、札幌の中心部からかなり離れているため、近くに用事がない限りは中々利用しないかも知れません。とは言え、「札幌の個室ビデオを制覇したい!」と燃える方であれば、ぜひチェックしてみましょう。

お客さんのニーズに合わせた利用が可能な「ビデオ屋CAT(旧ビデオン)南郷通17丁目店」

比較的小規模なサイズのビデオボックスについてもご紹介しましょう。札幌市白石区にある「ビデオ屋CAT(旧ビデオン)南郷通17丁目店」は、平日は12時から夜0時まで営業しています。特徴的なのは最短30分から利用ができる点。1本だけサクッと見て店を出たい、というお客さんのニーズに合ったコースです。なお、開店から閉店まで1室を貸し切りにできるコースもあり。AVざんまいをしてみたい!という方はぜひチェックしてみてください。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.