1st STEP 入店

個室ビデオボックスに興味を持ったという人は、実際に利用してみましょう。使い方は難しいものではありません。しかし、アダルトコンテンツを取り扱っているお店ですから、入店するのが恥ずかしいという人もいると思います。初めての人でも戸惑わない、入店までの手順をご紹介いたします。


お店を選ぼう!

まずは、自分が入る店舗を選びましょう。選択する際は、立地や料金、サービス内容を検討しておけば問題ありません。立地に関しては、自分が通いやすい場所を選択しましょう。大きな都会の場合は駅前でも営業しているため、それほど迷うことも無いと思います。その他の田舎は、郊外など設置されていることが多いようです。

料金やサービスは、それぞれの店によって少しずつ異なっています。同じ系列であっても、値段が違うことがあるので注意しましょう。

入店の心構え

本来はそれほど身構える必要はありません。しかし、個室ビデオを利用する以上最低限の知識が必要です。


まず、ビデオボックスは不特定多数が使用する空間であるということ。自分が部屋を使用している間は、ほかの人が入ってくる心配はないと考えてよいでしょう。しかし、過去に誰かが使ったことがあるのも事実です。基本的にはきれいに清掃されていますが、潔癖症の人は気をつけなければなりません。

宿泊施設ではないということにも留意しましょう。数年前に発生した火災のことを記憶している人もいるかと思います。放火により利用者十数名が無くなったというこの事件。これが原因で、全国のビデオ・カラオケボックスの火災警報装置の見直しが行われました。しかし現在でも災害への対策はしっかりとなされていないと言われています。脅かす訳ではありませんが、あからさまに怪しげな店舗は避けるなどの自衛策をとりましょう。

いざ、入店

お店に入ったら、まず受付をしましょう。身分証明書の必要、不必要、料金の先払い、後払い。方式はさまざまです。基本的には、漫画喫茶やレンタルビデオの手続きに必要なものを持っておけば安心です。店員の指示に従い、手続きを済ませてください。ここで大抵の場合は個室を選択します。

上記のことに注意をすれば未体験の人でも怖くありません。ビデオボックスは、ほかの娯楽施設と同じように気楽に楽しめるものです。アダルトコンテンツを取り扱っているからと言ってあまり緊張する必要はありません。肩の力を抜いて挑戦してみましょう。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.