宿泊施設としてはどっちが便利?

ビデオボックスは、終電を逃して家に帰ることができなくなってしまった際に、簡単な宿泊施設としても利用することができます。
ホテルなどに宿泊するよりもずっと料金は安いですし、何よりも気軽に利用することができます。

そんなビデオボックスに対抗するように、近年ではネカフェがとても多くなってきています。ビデオボックスとはややシステムやメインとなる目的は異なってはいます。ですが、似たような目的で利用されることが多いのもまた事実です。

では、実際にところビデオボックスとネカフェではどちらの方が便利なのでしょうか?それを比較してみたいと思います。

宿泊場所としてはどちらの方がいい?

これはどちらにとってもメインの目的とは異なってはいますが、宿泊する場所としてはどちらの方が魅力的なのでしょうか?

基本的にネカフェは、ブース形式になっていることが多いことから、完全な個室ではありません。もちろんそれほど騒がしいわけではありませんが、外の音はかなり聞こえてくることがあります。運が悪ければ、となりのブースの人のいびきや話し声がうるさくて眠れない…なんてことも少なくありません。

最近では個室を用意しているネカフェも登場していますが、部屋の数は限られていますし、割増料金になってしまうことも少なくありませんので、あまり気軽に利用できるとはかぎりません。

ただ、ネカフェならではのメリットとして挙げられるのは、シャワーなどが用意されているところが多いという点でしょう。また、時間帯によって無料で食事をとることができるスペースなども用意されていることもあります。これもネカフェならではのメリットと言えるでしょう。

それに対してビデオボックスは基本的にしっかりとした個室になっているところがほとんどです。しかも、防音されているところも多いですので、とても静かです。外の音が聞こえてくるようなことはほとんどないと考えてもいいでしょう。 なので、できるだけ静かな場所でゆっくりと眠りたい方はビデオボックスの方がおすすめです。

また、ビデオボックスの場合はしっかりと足を伸ばして眠ることができるという点も大きなメリットの一つとなっています。

続いて、料金の面についてもチェックしてみましょう。もちろん、場所や施設によっても料金はかなり異なっています。
ですが、一般的にはやや、ネカフェの方が安いケースが多いようです。とはいえ、いずれにしてもホテルなどに宿泊する場合と比較すればかなり安いですので、コストパフォーマンスは悪くありません。

立地についても、ややネカフェの方が有利なケースが多いようです。駅の中などに出店しているネカフェなどもかなり多くなっています。それに対して、ビデオボックスは繁華街や風俗街などに位置しているケースがほとんどですので、まったくしらない土地などで利用したいときに、なかなか見つけることができない…そんなケースもあるでしょう。

ここでは宿泊する場所としてのビデオボックスとネカフェを比較してみました。それぞれにメリット、デメリットがありますので、それを両方頭に入れた上で、あなたにとってベストなのはどちらなのかをしっかりと考えてみましょう。 何にしても、すべての人にとってベストなものなんてありません。ED治療薬として人気のバイアグラも人によっては、別の治療薬の方が合うケースがあるほどなのですから。

Menu

Copyright(c) 2011 個室ビデオボックスで充実したオナニーライフ~現代に生きるサラリーマンのオアシス大解説 All Rights Reserved.